年齢別ドッグフード

愛犬を健康に保つためのドッグフードの選び方としてまず紹介するのは「年齢別」の選び方です。犬はライフステージによって必要な栄養素の種類や量などが違っているため、それに合わせたドッグフードを与えることが重要になります。ドッグフードに関しては大きく3つの年齢に分けられていることが多いでしょう。まず始めに与えることになるのが「子犬用ドッグフード」です。名前の通り子犬向けのものですが、犬の場合子犬としてカウントされるのは最初の数ヶ月から一年程度だと考えて下さい。体の成長はその段階で成犬まで至ります。この段階は体を構成するために多くの栄養素が必要となります。種類もエネルギー量も同様であるため、そのことに配慮したドッグフードとなっています。

次の種類となるのが成犬向けです。子犬向けに比べて、必要な栄養素の種類は少なくなり、エネルギー量も多少落ち着きます。しばらくはこのタイプのドッグフードを与えることになるでしょう。そして最後が「老犬用」となります。体が衰えてくると必要な栄養量も少なくなります。成犬用のものを与え続けているとエネルギー過剰になり、肥満などの生活習慣病に繋がる可能性があるため注意しましょう。

ドッグフードの選び方

犬を飼っている人にとって、最も気になることの1つなのが健康状態ではないでしょうか。犬は人間に比べて寿命が短く、ただでさえ自分よりも早くいなくなってしまいます。ただ、それもやはり生活習慣によって大きく変わってくるものでもあります。家族同然の飼い犬には、できるだけ長く、できるだけ健康な状態で生きていてほしいと思うものでしょう。それが飼い主にとっての責任だとも言えます。では、犬の健康にとって重要なことはどのようなことでしょうか?

まず第一のポイントとして挙げられるのが、運動です。犬は散歩好きな動物であることは誰もが知っていることでしょう。運動をさせることはまず犬のストレスを解消するという意味で重要な意味があります。また、ダイエット効果もあるため、肥満による身体ダメージを減らすことができるのも重要なポイントとなります。

これと合わせて考えておきたいのが「食事」です。人間にとってもそうですが、食事というのは体を構成する非常に重要な役割を持ったものです。犬に与えてはいけないものを与えない、というのは当然として、それ以上に健康に気を遣った食事が出来るようにしなければなりません。
犬に与える食事といえば基本的には「ドッグフード」でしょう。ただ、一口にドッグフードと言ってもその種類は多く存在しており、どのようなものを与えれば良いのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、良いドッグフードの選び方を紹介します。

参考サイト > https://canagandogfood.co.jp/